• トップ
  • SOHO/企業様向け Windows 10関連ソリューション

SOHO/企業様向け Windows 10関連ソリューション

NECでは、NEC社内およびお客様への提供を通じて培ったノウハウをベースに、
お客様にWindows 10環境の運用ポイントを紹介しております。

Windows 10で始まるWaaS = Windows as a Serviceについて

Windows 10は従来のWindowsとは異なり、Windows as a Service(サービスとしてのWindows)というコンセプトのもと、Windows Updateより定期的に機能更新プログラム(FU)と、品質更新プログラム(QU)が配信されます。

Feature Updates(FU)

  • 従来のサービスパックに相当する機能更新プログラム
  • リリース:年2回(3月/9月)
  • 容量:数GB程度

Quality Updates(QU)

  • 品質の向上とセキュリティの更新を目的としたプログラム
  • リリース:毎月第2水曜日(日本時間)
  • 容量:数百MB程度

Windows 10環境での運用ポイント

Windows as a Serviceによって最新環境の活用が可能となりますが、中小企業様のIT管理者においては運用で以下の点に配慮する必要があります。

Windows 10環境での運用では、下記の運用ポイントを考慮してシステム・運用体制を構築することをお勧めします。

WSUSを利用して、社内のWindows Updateをコントロール

Windows Updateをコントロールするツールとして一般的に利用されているWSUSサーバを導入する事で、定期的にリリースされる更新プログラムを自社の状況に応じてコントロールする事が可能になります。

WSUS(Windows Server Update Services)とは

情報システム管理者向けにMicrosoft社が提供する、更新プログラムの運用管理システム。Windows Updateから配布される更新プログラムを検証したうえで、どのタイミングで、どのPCに、どの更新プログラムをインストールするかといった集中管理を可能にします。

各PCはインターネット上のWindows Updateから更新プログラムをダウンロード。

各PCは社内に設置するWSUSサーバを経由して更新プログラムをダウンロード。これにより、Feature Updatesの社内での適用時期をコントロール可能。

Express5800 WSUS導入セット

WSUS導入に関するお客様の悩みを解決する
WSUS初期設定済みサーバ

接続クライアントPC台数の目安

本サーバでは、ターゲットクライアントの管理にWindows Internal Database(WID)を使用しているため、接続するクライアントPCの台数は500台までを想定しております。

【お問い合わせ】
Windows 10関連ソリューション(WSUS)

プラットフォームソリューション事業部

Email sbs-wsus@pfsd.jp.nec.com

受付時間…9:00~12:00 / 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日、弊社休日を除く)

ページの先頭へ戻る